HOME > ニュース > 大学院理工学教育部(工学)の下平文香さんがAkira Arimura Memorial VIP/PACAP and Related Peptides Symposiumで「ポスターアワード」と「トラベルアワード」を受賞しました

大学院理工学教育部(工学)の下平文香さんがAkira Arimura Memorial VIP/PACAP and Related Peptides Symposiumで「ポスターアワード」と「トラベルアワード」を受賞しました

令和元年11月3-6日にカリフォルニア大学ロサンゼルス校で開催されたAkira Arimura Memorial VIP/PACAP and Related Peptides Symposiumにおいて,大学院理工学教育部(工学)修士2年の下平文香さん(生体情報薬理学研究室)が,学会からの「ポスターアワード」とスポンサー出版社からの「ポスターアワード」のダブル受賞に加え,「トラベルアワード」も受賞いたしました。

発表題目は“Novel PAC1 receptor antagonist ameliorates neuropathic pain and associated anxiety-like behavior in mice.”当研究室で新規に開発したPAC1受容体低分子アンタゴニストが,神経障害性疼痛だけでなく,それに伴う負の情動行動(不安様行動)も抑制できるという研究成果を報告しました。

PAGETOP