富山大学工学部 知能情報工学コース 量子情報研究室 Quantum information research lab

量子情報研究室

Future with quantum technology

研究紹介

量子暗号の実装安全性

量子暗号がもつ究極の安全性の実現に向けて

量子暗号(量子鍵配送)は、雑音などが全くなくかつ動作精度が無限に高い、という理想的な量子暗号装置があれば、原理的に盗聴することができません。つまり、量子暗号は原理的には究極の安全性を達成できます。

しかし、実際の装置には雑音が必ずありますし、動作精度も有限です。

我々は、実際の装置を使って如何にして究極の安全性を達成するかについての理論的な研究を行っています。

メンバー紹介

玉木 潔

玉木 潔教授

Kiyoshi Tamaki, Professor

略歴

東京工業大学理学部 物理学科卒業、東京工業大学大学院理工学研究科 物性物理学専攻修了、総合研究大学大学院先導科学研究科 光科学専攻博士課程修了、ペリメータ理論物理学研究所 長期滞在研究員、トロント大学電気・計算工学科 博士研究員、日本電信電話株式会社 物性科学基礎研究所、富山大学大学院理工学研究部教授、現在に至る

学位・資格等

博士(理学)

専門分野

量子情報理論、特に量子鍵配送の安全性解析

主な業績

  • “Quantum key distribution with correlated sources”, M. Pereira, G. Kato, A. Mizutani, M. Curty, and K. Tamaki, Science Advances 6 (37), eaaz4487 (2020)
  • “Quantum key distribution with setting-choice-independently correlated light sources”, A. Mizutani, G. Kato, K. Azuma, M. Curty, R. Ikuta, T. Yamamoto, N. Imoto, H.-K. Lo, and K. Tamaki, npj Quantum Information, 5, Article number: 8 (2019)
  • “Decoy-state quantum key distribution with a leaky source”, K. Tamaki, M. Curty, and M. Lucamarini, New Journal of Physics, 18, 065008 (2016)
  • “All photonic quantum repeaters”, K. Azuma, K. Tamaki, and H.-K. Lo, Nature Communications 6:6787 (2015) 
  • “Secure Quantum Key Distribution”, H.-K. Lo, M. Curty, and K. Tamaki, Nature Photonics 8, 595-604 (2014) (Review article)
  • “Loss-tolerant quantum cryptography with imperfect sources”, K. Tamaki, M. Curty, G. Kato, H.-K. Lo, an K. Azuma, Phys. Rev. A 90, 052314 (2014) 

プロフィール

仲間達と切磋琢磨したり、助けていただきながら楽しくワイワイやっています

村山 立人

村山 立人講師

Tatsuto Murayama, Lecturer

略歴

東京工業大学 理学部 物理学科卒業,東京工業 大学院総合理工学研究科 知能システム科学専攻 博士課程 修了,理化学研究所 脳科学総合研究センター,日本電信電話株式会社 NTTコミュニケーション科学基礎研究所,富山大学 大学院理工学研究部

学位・資格等

博士(理学)

専門分野

情報理論,統計力学,大偏差原理

主な業績

  • Universal behavior in large-scale aggregation of independent noisy observations, T. Murayama, P. Davis, EPL, Vol. 87, No. 4, pp. 48003-pl-p5, 2009.
  • Thouless-Anderson-Palmer approach for lossy compression, T. Murayama, Physical Review E, Vol. 69, Issue 3, pp. 035105-1-4, 2004.

プロフィール

確率論や統計物理学の知識を使って,主に情報理論の話題を研究しています。

PAGETOP