HOME > 学科案内 > 学科選び > 材料機能工学科

材料機能工学科 材料機能工学科

本学科は北陸三県で唯一の材料系学科であり、金属材料工学の専門性を配慮した教育研究を行っています。ナノ技術を駆使した新しい機能を持った材料の開発、自然環境に配慮した生産プロセスの開発、安全安心を実現するための金属加工技術の開発などを行える能力を身につけます。また、グローバルな視点から自ら課題を発見し、解決策を立案し、研究計画をたて、自主的に遂行するデザイン能力を身につけます。本学科のこうした学習目標は、社会のニーズに合致し、国際的水準にあるとして日本技術者教育認定機構(JABEE)の認定を受けています。

学びの領域

  1. 金属・合金などを用いた素形の成形加工
  2. 組織・構造・特性を制御した材料設計
  3. 新機能をもつ、または高機能な金属材料やセラミックス材料などの創造
  4. 自然環境に配慮した材料生産プロセスの開発など
  5. 実用的な超伝導材料、熱電材料、磁気熱量材料の開発、性能向上

授業科目(カリキュラム)

アドミッションポリシー

  • ナノテクノロジーを担う新材料、地域環境に優しく、社会福祉に貢献する新素材と製造プロセスを開発したい意欲があり、将来、研究・技術職につきたいと思っている人

研究室ピックアップ

西村 克彦 教授

新しい文明をもたらす超伝導材料を探索して

西村 克彦 教授

超伝導とは、特定の物質で低温に冷却したときに電気抵抗がゼロになる現象です。身の回りでは、核磁気共鳴画像法(MRI)や超電導リニアモーターカーなどで利用されています。超伝導応用上の大きな問題は、超伝導線材を極低温(ー260℃)まで冷却する必要があることです。もし、室温で超伝導になる物質ができれば、超伝導の応用は飛躍的に拡大します。産業の革命が起きると言っても過言ではありません。新しい超伝導物質の探求とその原理の解明は、材料科学における最先端のテーマです。

研究室

材料機能工学

素形制御工学

素形制御工学

研究キーワード

  • 鋳造・凝固・アルミニウム・マグネシウム・ダイカスト

指導教員

組織制御工学

組織制御工学

研究キーワード

  • 軽金属・材料ナノ-ミクロ組織・熱処理・相変態
  • 複合材料・電子顕微鏡・結晶構造・シミュレーション

指導教員

機能制御工学

機能制御工学

研究キーワード

  • セラミックス金属材料・薄膜・機能性材料
  • 電気的・熱的特性評価

指導教員

環境材料工学

環境材料工学

研究キーワード

  • 腐食防食・表面処理・電気化学・腐食速度・不動態皮膜

指導教員

物性制御工学

物性制御工学

研究キーワード

  • 超伝導材料・熱電材料・磁性材料
  • 磁気的・熱的特性評価

指導教員

材料プロセス工学

材料プロセス工学

研究キーワード

  • 粉体・熱および物質移動・対流・拡散・可視化・溶接・数値シミュレーション・界面

指導教員

PAGETOP